皆さんこんにちは!本日も発達障害等に関する学びや情報交換の場所なることを願って投稿させて頂きます。

今日のトピックは「発達障害 イヤーマフ」についてです。

発達障害の子供がイヤーマフをつけているのを見かけたことはありませんか?

ひょっとしたら、聴覚過敏で悩んでいる子供かもしれません。聴覚過敏は、発達障害を抱える子供に現れやすい症状の1つと言われています。

そして、聴覚過敏は適切に対処しないと、子供たちの成長に悪影響を及ぼす恐れがあります。

「聴覚過敏って何?」「うちの子は大丈夫?」と心配になったお母さんは安心してください。

今回は、聴覚過敏に対する詳しい説明と、イヤーマフを含めた防音対策をまとめて紹介します。

発達障害とイヤーマフ

聴覚過敏に対する誤解や偏見は残っています。そのため、聴覚過敏を持つ子供たちは辛い思いをしているかもしれません。

まずは、聴覚過敏に対する正しい知識・理解が不可欠です。

聴覚過敏の原因

聴覚過敏とは「音に対して異常な反応をしてしまう状態」を言います。

聴覚過敏の原因として「脳や耳の機能に生じた何らかのトラブル」・「精神的な負担やストレス」などが考えられています。

一般的に、聴覚過敏での受診先は、考えられる原因別に分けられます。

<考えられる原因> <受診する医療機関> 
耳の機能耳鼻咽喉科
脳の機能神経内科
精神的な負担・ストレス精神科・心療内科

しかし、決め手となる原因は明らかになっていないので、根本的な治療法は確立していません。

avatar
青木
イヤーマフは、自分の苦手な音を「遮音」する目的で使用しているんですね。

気になる?発達障害との関係

発達障害と聴覚過敏との間に関係はあるのでしょうか。発達障害の子供を育てているお母さんはとても気になりますよね。

結論から言うと、はっきりとしたことは分かりません。

しかし、ASDの人は聴覚を含めた感覚や知覚(触覚・味覚・臭覚など)に対して過敏になりやすい特徴が知られています(参考図書「発達障害に気づかない大人たち」星野仁彦・祥伝社・初版第1刷発行2010.2.10)。

そのため、ASDの子供に聴覚過敏が多く見られるという研究報告があります
(参考文献「自閉症スペクトラム障害における聴覚過敏」)。

また、次の動画のように、ADHDとASDを併せ持つ発達障害者に聴覚過敏が見られることもあります。

これらの事から、もし発達障害の子供が音に敏感過ぎたり、必要以上に怖がったりするのであれば、専門家に聴覚過敏の相談をするのが良いかもしれません。

聴覚過敏の症状

症状の特徴

先ほど、聴覚過敏とは音に対して「異常な反応」をしてしまう状態と説明をしました。この反応は大きく2つの特徴に分けられます。

大きな音や特定の音が苦手

苦手な音は、一人一人の子供によってまちまちです。具体的な例をいくつか紹介します。

大きな音の例

  • 「運動会でのピストルの音」
  • 「踏切の音」
  • 「ドライヤーの音」

このような音にびっくりして、その場に立ち尽くし、しばらく動けなかった話を当事者から聞いたことがあります。

特定の音の例

  • 「ドアをノックする音」
  • 「食器が触れ合う音」
  • 「エスカレーターの動く音」

私たちが予想もしない音が苦手である場合が多いようですね。そのため、周りからは理解されづらく、子供たちは辛い体験をすることもあります。

全ての音が耳に入ってしまう

聴覚過敏には「全ての音が耳に入ってしまう(音の選別作業・断捨離が苦手)」というやっかいな特徴もあります。

この特徴は意外に知られていません。そして、この特徴をイメージすることが難しいと思います。

なぜならば、普段私たちは自動的に「音の選別作業・断捨離」を行なっているからです。

そこで「全ての音が耳に入ってしまう」という状態を体験することのできる動画をご覧ください。まずは、お母さん自身の耳で疑似体験してみましょう。

いかがでしょうか。

動画の中で流されていた必要な情報を聞き取ることができたでしょうか?私は…聞き取ることができませんでした。

この「全ての音が耳に入ってしまう」という特徴は、子供たちの日常に相当なストレスを与えていることが予想できますね。

しかし、見た目には分かりにくいので「集中していない。ふざけている」と誤解されているケースが多いと聞きます。

聴覚過敏を抱える子供の日常生活

それでは、聴覚過敏の2つの特徴により、子供たちの日常生活にどのような支障を与えるのかを具体的に見てみましょう。

不安と緊張を抱えながら生活を送っている

苦手な音が耳に入ると「黒板を引っ掻いたような我慢しがたい感覚になる」と表現していた人がます。そのくらい本人にとっては辛い症状です。

そのため「また、苦手な音を聞くんじゃないか。どうしよう…」といった不安と緊張を抱えてながら生活を送るようになります。心が安定していないので、イライラしがちです。

そして、聴覚過敏の症状は、本人の精神状態に左右されると言われています。

そのため、不安と緊張による不安的なこころの状態が、さらに症状を悪化させる悪循環に陥りやすくなります。

必要な音を聞き取れない

例えば、友達数人と話をしている状態を想像してみてください。

いろんな音が全て耳に入ってしまうため、自分だけ会話を理解できなかったりします。本人は友達の会話を理解しようと一生懸命になりるのですが、うまく聞き取れません。

本人はとても辛い思いをしているかもしれませんね。

また、外出先の駅のホームで電車を待っているとしましょう。

「自分が乗る電車のアナウンス」を聞き取ろうとしても、周りの音に紛れてしまい聞き逃してしまうかもしれません。聴覚過敏の人は、人混みの多い街中へ出向くのが苦手というのもうなずけますね。

周りの音が気になって作業に集中できない

  • 鍵盤ハーモニカの音
  • 鉛筆の音
  • 時計の秒針
  • 冷蔵後の音
  • 鳥の声
  • エアコン
  • 電話
  • パソコンの音
  • 車の音など…

常に頭の中には、不必要な音で一杯です。頭の中に入ってくるのを遮断しようとしてもどんどん入ってきます。

そのために、作業に集中するのが難しくなります。

学校の授業でも、決して先生の話を聞いていないわけではありません。

先生の授業を一生懸命に聞こうとしても、周りの音に埋もれてしまい、作業効率が極端に悪くなっているのかもしれません。

しかし、それらは外見からは分かりません。むしろ「人の話を聞いていない、集中していない、怠けている」と誤解されることが多いようです。

子供の成長への影響

「音が苦手なだけ」と安易に考えて、そのままにしておくと子供の成長に悪影響がでるかもしれません。

身体的な症状

聴覚過敏の症状の辛さを「虫歯のドリルが神経に当たったかのような痛み」と表現した話を聞いたことがあります。

そんな辛い状況が続くと、頭痛や吐き気、めまいや耳の奥の痛みなどの身体的症状みられます。場合によっては寝込んでしまうこともあるそうです。

不眠症

周りの音が気になるので、ちょっとした音でもすぐに目が覚めてしまって眠れなくなってしまうことがあります。

睡眠不足は、生活リズムの乱れに直結するので要注意ですね。

不登校や引きこもり

先ほど「周りの音が気になって、作業に集中できない」と説明しましたね。

そのため、学校の授業に遅れがちになったり、友達と上手く付き合えなかったり、学校生活に支障が出てくるかもしれません。

より深刻になると、不登校や引きこもりなどに発展する場合もあります。

発達障害の子供には要注意

特に発達障害の子供たちは要注意です。

なぜなら、障害自体の特性による生活のしづらさ抱えている上に、聴覚過敏の症状がかけ合わさると、予想以上の悪影響になるかもしれないからです。

発達障害の子供の生きづらさや不安について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

そのため、聴覚過敏に対する周囲の大人たちの理解と適切な対応が不可欠になりますね。

失敗しない防音グッズの選び方のポイント

イヤーマフ

防音グッズを紹介する前に「聴覚過敏の症状は個人差がある」ことを再度お伝えします。例えば、苦手な音、症状の程度などは一人一人の子供たちで違います。

そのため、今回紹介する商品がお母さんの子供に合わない場合もありますので、あくまでも商品選びの参考として役立てていただければ幸いです。

それでは、今から防音グッズの3種の神器「イヤーマフ・耳栓・デジタル耳栓」を紹介します。

「えっ?イヤーマフ1つで十分じゃないの?」と疑問を持つお母さんもいるでしょう。しかし、生活の場面に応じて、防音グッズを使い分けることが大切です。

それぞれの防音グッズの特徴を正しく知って、失敗しない防音グッズ選びを実践しましょう。

イヤーマフ

オリンピックのクレー射撃で、選手がイヤーマフをしているのを見たことありませんか。

イヤーマフは、工事現場や飛行場などの騒音が大きい場所で働く人の耳を守る「防音保護具」として、もともとは使用されてきました。

最近になって、その防音効果の高さを活かして、音が苦手な人への利用が広まっています。

イヤーマフの最大のメリットは「あらゆる音から耳を守ってくれる」防音効果の高さです。

しかし、その防音効果の高さ故に、車や自転車などの周囲の状況に気付きにくくなるので、外出時の使用には注意が必要です。

遮音

遮音とは周囲の音をどれだけ遮断することができるのかを表す指標です。

音の大きさはデシベル(dB)という単位で示されます。次の表はデジベルと騒音の関係を表したものです(埼玉県深谷市役所のサイトに掲載されている「騒音の目安」を参考に作成)

聴力機能に障害(飛行機のエンジン近く)120dB
音楽のプロが歌う声(地下鉄の構内)100dB
かなり大きな声(救急車のサイレン)80dB
大きな声(セミのなき声)70dB
普通の声(デパート店内)60dB
ささやき声(図書館内)40dB
小さな寝息(雪の降る音)20dB

普通の声が60dBくらいですね。そして、仮に「遮音値20dB」のイヤーマフを購入した場合、

「60dB-20dB=40dB」つまり「普通の声→ささやき声」の大きさとなって聞こえてきます。

ただし、この数値はあくまでも目安です。音大きさの感じ方や聴覚過敏の症状の程度には個人差があります。

重さ

特に、まだ体も小さい子供の場合、私たち大人に比べて重さの影響は大きいかもしれません。

アマゾンで購入できるイヤーマフの重さを調べてみると、およそ「250g~350g」の範囲に収まっていました。

「たったの100gの差」と思われるかもしれません。

しかし、もし今持っているスマホの重さが100g増えたとしたらどうでしょう。およそ「500円硬貨が14枚」に相当します。私たち大人でも重く感じるのではないでしょうか。

そのため「重さ」はイヤーマフを選ぶ時の大切なポイントですね。

耳への圧迫感

イヤーマフやヘッドフォンを使った人なら分かるかと思いますが、この「耳への圧迫感」は居心地の悪さに直結します。着けている時間が長くなるほど影響は大きくなります。

音から耳を守っても、耳への圧迫感によるストレスを受けてしまっては、イヤーマフに効果も半減ですね。

そのため、イヤーマフを選ぶ時は、頭や耳の大きさ、男性・女性の違い等に応じて、圧迫感を調節できるタイプを選ぶのをオススメします。

商品の紹介

オススメの商品を1つ紹介します。

特徴は以下の4点です。

  • 遮音値26dBは「普通の声」が「ささやき声」よりも小さく聞こえる程の遮音性能。
  • 子供用に設計されているので、重さが290gと軽量タイプ。
  • 頭や耳の大きさに合わせて圧迫感を調節することが可能。
  • 持ち運びに便利な折りたたみ式。

耳栓

耳栓もイヤーマフと同じ「あらゆる音から耳を守ってくれる」タイプの防音グッズです。遮音性能もイヤーマフと互角です。

そして、イヤーマフにはない特徴があります。

目立たない

外出をする場合、イヤーマフだとどうしても目立ってしまいますよね。周りからの視線が気になって、恥ずかしい思いをするかもしれません。

さらに、イヤーマフはヘッドフォンと形がよく似ているので「歩きながら音楽を聞いている。行儀が悪い」と勘違いされることもあります。

その点、耳栓は耳穴にフィットするので目立ちません。

超軽量

イヤーマフの重さに比べて、1/10以下の耳栓が主流です。重さが負担となることは無いでしょう。

衛生面での不安

耳栓は耳穴に直接入れるので、どうしても衛生面が気になりますよね。

洗って繰り返し使えるタイプもありますが、清潔さを重視するのであれば使い捨てタイプがオススメです。

商品の紹介

オススメの商品を1つ紹介します。

特徴は以下の4点です。

  • 使い捨てタイプなので、衛生面は安心。
  • タイプの異なる耳栓が8種類入ったお試し版なので、子供に合った耳栓を手軽に選ぶことができる。
  • モルデックス(MOLDEX)製の耳栓は、アメリカ軍御用達の耳栓メーカー。
  • 遮音性能が高く、イヤーマフとの併用でほぼ無敵の遮音を実現。

耳栓に関して詳しく知りたい方は、こちらの記事も大変参考になります。

デジタル耳栓

デジタル耳栓には「イヤーマフ」「耳栓」とは全く異なる特徴があります。それは「ノイズキャンセリング」という機能です。

ノイズキャンセリング

この技術は、音楽を聴くための高級ヘッドフォンで使われていました。その技術を耳栓に応用して生まれたのが「デジタル耳栓」です。

デジタル耳栓の特徴は、人の声や駅のアナウンス、スマホの着信音など必要な音は聞こえる一方、雑踏や室内での雑音を軽減します。この点がイヤーマフや耳栓とは異なります。

遮音性能は20dB前後の製品が多いので、イヤーマフや耳栓に比べると劣りますが、外出先では重宝します。

目立たない

見た目が耳栓と変わらないので、外出先でも抵抗なく使えます。

断線と価格に不安

コードが断線したら使えなくなります。イヤーマフや耳栓に比べて、値段が高くなる傾向にあるのが少し難点ですね。

商品の紹介

オススメの商品を1つ紹介します。

本製品の特徴をわかりやすく説明した動画をご覧ください。


「イヤーマフ」「耳栓」「デジタル耳栓」どの商品にもメリット・デメリットが存在します。大切なことは「家・学校・習い事・外出先」などに応じて3つの製品を使い分けることですね。

商品選びに迷った時…

3つの防音グッズの特徴や商品の紹介をしました。

しかし、いざ商品を選ぼうとすると…

  • 「一体どれを選べばいいの?」
  • 「うちの子に合う防音グッズは?」
  • 「もし、合わなかったらどうしよう?」
  • 「3つの製品を使い分けるってどうやって?」

と迷ってしまうお母さんはいませんか?

その気持ちは当然です。子供の成長を思えばこそ、商品選びも慎重になります。

そこで、中々を商品を決められずに困っているお母さんに、是非活用して頂きたいサイトを2つ紹介しますね。

FLY!BIRD

発達障害の方やその家族をサポートするためのグッズを取り扱っています。

最大の特徴は「商品のレンタル」ができることです。

実際に使ってみて、気に入れば正式に購入、ダメなら返却することができます。レンタル料は540円(2週間)、最大8週間まで延長可能です(2020.5.15.現在)。

興味のある方は「FLY!BIRD」まで。

アドプラス

自閉症や発達障害の人たちをサポートするグッズを販売しています。

店長さん自身の娘が自閉症であることをカミングアウトしています。そして、娘との生活で苦労したことや工夫した経験を商品販売に活かしているようです。

今回紹介するイヤーマフはもちろん、自閉症や発達障害の子供に有効とさせる「絵カード」を使ったコミュニケーション・グッズの販売にも力を入れています。

お問い合わせは「アドプラス」まで。

その他の対策

聴覚過敏に悩む子供にとって、防音グッズは必要不可欠なアイテムです。

しかし、それ以外にも対策はいくつかあります。今から紹介する対策を組み合わせることによって、音に対する子供たちの不安はさらに軽減するでしょう。

発達障害の子供には大事「安心できる環境を作る」

不安が強かったり、疲れが溜まっていたりすると、聴覚過敏の症状が出やすい傾向にあります。

特に、発達障害の子供たちは発達障害の特性による生きづらさ・不安を抱えているため、聴覚過敏の症状が出やすい状態にあると言えます。

発達障害の子供にとって、安心できる環境作りは防音グッズと同じくらいに重要かもしれませんね。

安心できる環境作りのポイントをいくつか紹介します。

  • 騒がしい場所はなるべく避ける。
  • 子供が集中できる(落ち着ける)場所や時間を作る。
  • 疲れが蓄積しないように、早めの休息を心がける。
  • 生活リズムを整える。

リラックスした状態だと、聴覚過敏が出にくかったり、症状が軽く済んだりするようですよ。

周囲の誤解を減らし理解を得る「聴覚保護マーク」

聴覚過敏は「慣れの問題」「気持ちの問題」と誤解する人はまだいます。そんな心無い言葉をかけられる度に、子供たちは辛い思いをしています。

周囲の誤解を減らし、聴覚過敏を知ってもらう取り組みはとても大切です。

とは言え、どうすればいいのでしょうか?

近所のお母さんや学校の先生を集めて説明をするのって大変ですよね。人前で話すのって緊張するし、誰にでもできることではありません。

そこで、手軽に始められる対策を紹介します。次の動画をご覧ください。

いかがですか。動画にあるように聴覚過敏の保護マークをイヤーマフに貼り付けたり、キーホルダーとしてカバンにつけたりして、聴覚過敏を知ってもらう方法はどうでしょう。

小さな一歩から始めてみませんか。聴覚過敏の保護マークのダウンロード先はこちらです。

相談機関を活用

子育ての悩みを誰にも打ち明けられずに、1人で抱え込んでいるお母さんはいませんか?

発達障害児のお母さんにとって、障害に対する専門的知識を待つスタッフの存在は心強いです。

おすすめの相談機関を3つ紹介しますね。

発達障害者支援センター

発達障害児(者)とその家族からの相談に応じて、専門家による助言や指導を行なっています。電話相談も受け付けているので、お近くの支援センターに相談してみてはいかがでしょうか。

全国の発達障害者支援センターの一覧はこちら

子育て支援センター

発達障害の有無に関わらず、子育ての悩みや不安に関する相談に乗ってくれます。同じ悩みを持つお母さん同士の交流の場にもなっています。

全国の支援センターの一覧はこちら

放課後等デイサービス

発達障害等に関する専門知識を持つスタッフが子供たちの療育支援を行なっています。無性の相談や体験を行なっている事業所が多いので、気軽に利用できます。

放課後等デイサービスについて、事業所選びのポイント等を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。


横浜市で活動している放課後等デイサービス「運動・学習療育アップ」では、一人一人の子供の成長に合わせた支援を行なっています。

avatar
青木
「発達障害と子育て」について、私たちと一緒に学びませんか?
avatar
大竹
子育てに悩むお母さんからのご相談をお待ちしております。

まずはお試し!

▷▷▷メール・電話での相談、無料体験を実施中◁◁◁

まとめ

聴覚過敏で困っている子供たちにとって、イヤーマフを含めた防音グッズは生活必需品です。

適切な対応をすれば、子供たちはすくすくと成長して行くでしょう。

しかし、聴覚過敏に対する誤解偏見は残っており、間違った対応をしてしまうかもしれません。

だからこそ、聴覚過敏の症状を正しく理解して、適切な防音対策を学ぶ必要がありますね。

今回の記事が、音で悩む子供とお母さんのお役に立てれば幸いです。